自己管理力が必須なフリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアにとって必要な力は、「プレゼン力」と「調整力」です。
まず、プレゼン力についてです。フリーランスエンジニアは、特に仕事を始めたばかりの頃は決まった仕事相手などの繋がりがなく、自分からフリーランスエンジニアが集まるサイトなどを利用して、交流を図っていく必要があります。その際に、自分がサイト作りなどでどのような技術や得意分野を発揮できるのかを相手に応じて簡潔にプレゼンすることによって、仕事を定期的に獲得しやすくなるため必要になります。
次に、調整力についてです。フリーランスエンジニアは、自分の裁量で仕事を進めていくことができますが、同期間に大量の仕事を請け負ってしまうと、質の高い仕事ができなくなったり、仕事に追われてプライベートの時間がなくなったりする事態が発生します。そのため、早く稼ぎたいと思っても、自分が限られた時間でできる仕事量を把握して、引き受ける仕事量を状況に応じて調整しながら仕事を進めることが必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました